2022年1月24日月曜日

一進一退、要せき対策

  • 24日5時 37.0
  • 24日21時 36.3

食事は三食完食。

せきがとまらないので苦戦。昨夜は3時問しか眠れなかった。

寝入りばなのせきは、体をあたためすぎないことで克服できるかも。これから実験してみる。


***

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%86%B2%E6%AD%A3

小林憲正(けんせい)さん。アストロバイオロジーの権威。

前からそうではないかと思っていたが、最近お顔の写真を何枚か眺めた結果、やはり1973年の暮に山形蔵王で学生向けスクールでスキーを教えてくださった小林さんと確信。年格好も合っている。

小林さんはもちろんこちらを覚えていらっしゃらないだろう。懐かしい青春の蔵王ゲレンデ。


***

佐藤春夫訳の『方丈記』朗読を全部聴く。素晴らしい。YouTube。

hhttps://youtu.be/-0ZMWe7JcjA

2022年1月23日日曜日

一歩前進

 体温推移。


23日1時 37.5
23日3時 37.1
23日5時 37.1
23日6時 37.6
23日8時 37.0
23日19時 37.3

朝食は完食。いつものことだが。食欲は昨夜以来少し落ちている。

2日ぶりに入浴。気持ちが良い。

せっかく(?)の「入院」なのに、本を読む気がしないのが困る。これも容態のひとつ。なにか読む気になれれば回復に向かうということ。

それなら、思い切って読んでしまえ!と、『東京の昔』を150頁以上読んだ。これは大進歩。

***

きょうの病院食(夕食)。完食。デザートはいちごとシュークリーム。



2022年1月22日土曜日

一進一退です

 昨日から今日までの体温。最後がなければいいのだが。夕方は誰でも熱が出る。

  • 21日4時 36.8
  • 21日7時 36.0
  • 21日19時 36.6
  • 21日22時 37.0
  • 22日14時 37.4
  • 22日20時 37.7

喉の痛みはなくなった。固まった鼻水が出る。咳は一日数回。

午後、文庫本『東京の昔』の解説を読みながら、ゆっくり個室にいたら、硬いものがかなり出たのでこちらは安心。

ただ、どうにもだるくて困る。

***


自宅隔離入院食。Jに少し塩味を足してもらう。危険?

完食。味はわかるのだ。


2022年1月21日金曜日

老いて衰えたときにいかにして書き続けるか

辻邦生の最終の本『のちの思いに』。原稿執筆には(奥様)リスちゃんの手助けがあった。うすく鉛筆で書いたものをワープロで打ち直して入稿。



『鷗外全集 第35巻』、日記のうち、「委蛇録」。

晩年の日記の中でも「寧都訪古録」の際立った美しさはもちろん素晴らしいが、大正七年11月30日自宅に帰り、翌12月1日に病院へ行き、役所へ報告を済ませ、12月4日に家に還り病臥。その後5日間在蓐。10日に起座。14日に常飯を食べる。

漢文の持つ豊かな内容示唆力が、病身の鷗外の記述を優しく助けている。ここは自分も研究し、工夫が必要だ。


トーマス・マンとソヴァイクの日記のちがい。昔の私は慧眼。(今はダメだが。)

昔のブログに助けられる。

https://hfukuchi.blogspot.com/2020/12/blog-post_15.html

***

孫一家は父親が今週はじめにコロナ罹患、金曜午後になって母親も発熱、PCR検査し結果まち。孫(1歳)は明日に検査をまた受ける。3人共だと困ったことになりそう。おいそれと助けに行くこともできない。

***




2022年1月20日木曜日

スクリャービン・子規・福永武彦の一日

なぜか一昨夜からスクリャービンが耳になじむ。

など聞きながら、 Wikipediaでさがしたスクリャービン論文も読む。https://www.lib.kunitachi.ac.jp/tenji/2005/tenji0507.pdf

***

筑摩書房、『現代日本文学大系10』で、正岡子規の年譜(浅井清編)を読む。

  1. 明治21年(1888)21歳 8月に鎌倉に遊び、喀血。
  2. 明治22年(1889)22歳 喀血続く。時鳥の句を作り「子規」と号す。夏目金之助と親しくなる。
  3. 明治24年(1891)24歳 6月、宿痾に苦しみ帰省。12月、本郷駒込追分町に一戸を借りて自活する。
  4. 明治25年(1892)25歳 母と妹をつれて再上京。新聞『日本』入社。
  5. 明治28年(1895)28歳 日清戦争に記者として従軍。旅順へ。帰途船中で大喀血し神戸病院入院。帰国し松山中学在職の漱石の下宿に入る。句会を開く。
  6. 明治30年(1897)30歳 雑誌『ほととぎす」に協力。
  7. 明治33年(1900)33歳 9月漱石渡英。
  8. 明治34年(1901)34歳 「墨汁一滴」を『日本』に連載。1月〜7月。9月「仰臥漫録」を書き始める。ロンドンの漱石に〈僕ハ迚モ君ニ再会スルコトハ出来ヌト思フ〉と書き送る。
  9. 明治35年(1902)35歳 3月「仰臥漫録」を再開。5月「病牀六尺」を『日本』に連載し始める。9月19日没。戒名は子規居士。滝野川字大龍寺。

モーツァルトも35歳で亡くなったが。子規のほうが勁い。われわれとして学ぶ所が多い。

***

福永武彦『異邦の薫り』(新潮社)を入手した。古本だが状態は良い。 
これは先日、高遠弘美先生に推薦していただいた本(の一冊)。





2022年1月19日水曜日

『私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活』と『誤作動する脳』は必読の名著

昨夜の週刊ALL REVIEWS巻頭言は私が書いた。文章をそのまま紹介する。

樋口直美さんの著書『私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活』と『誤作動する脳』を2冊とも、一気読みした。1冊目は、1962年生まれの著者の実体験の日記(2012年から2014年)であり、2冊目は、病に対応するためのノウハウが詰まった本だ。この両者はその文章が素晴らしく読み物としてみても一級品と思う。もちろん、私の知らなかった「レビー小体型認知症」に関する、患者側からの貴重な知見が得られる貴重な本だ。認知症患者というわけではない72歳の私にも、この後の人生をより良く生きるための手がかりが得られるという、稀有な読書体験を与えてくれた。

個人的には老化現象と、種々の「認知症」の症状は、程度の軽重はあるが、どちらも脳の不調が原因だと考えている。それらへの対処方法は似ており、どちらも単に恐れているだけではダメで、積極的に立ち向かわなくてはならないと思っている。

『私の脳で起こったこと』で、著者の樋口直美さんがリアルな日記として記述していることは、病気の「克服」にいたる過程とそのためのキーワード(「書くこと」と「発信すること」)である。「克服」とは病気の完治ではなく、病気を知り、病気をなだめながら共存し、積極的に生き、同病の人に救いの手を差し伸べることすなわち「発信」だ、『誤作動する脳』では、その「克服」のためのノウハウがわかりやすく具体的に書かれている。

これらの本で読んだことには、私の今後の生き方に対するヒントが含まれていると思い、Twitterでそのことを「発信」してみた。驚くべきことに樋口直美さんから、丁寧な応答ツイートをいただいた。私の考え方もまったく見当外れというわけではなさそうだ。

いわゆる「健康余命」は日本人男性の平均値では、私の場合あと10年と言われている。そのあとにほぼ10年の平均余命が残されているらしい。2つを合わせた20年全部を、私は「健康余命」としたいと思う。このために予想される老化現象のことを知り、上手な対処方法を考え、老化現象と共存する覚悟を決めた。今日から「楽しく」動き始め、「発信」もはじめる。

そのための基本的な手段は広範な「読書」と「書くこと」と「発信すること」と思っている。

上記2冊に関する、ALL REVIEWSの記事のリンクをご紹介しておく。

https://allreviews.jp/isbn/4893088432

https://allreviews.jp/review/4750

(hiro)

***

以上だが、昨夜から体調が悪く、今日は一日寝床で過ごしたので、自分は体調の悪さにどう対処しているのかを考え始めた。5年ほど前の入院生活では、病院にPCを持ち込んで治療の様子をできるだけ記録することを心がけた。2017年3月のこれらのブログを見るとその様子を思い出す。

https://hfukuchi.blogspot.com/2017/03/blog-post_6.html

今回は短い間だったが、スマートフォンで青空文庫にアクセスし、正岡子規の『病床苦語』や、夏目漱石の『点頭録』を眺めて、気の滅入る病気の克服のヒントを得ることにした。漱石の記述はきわめて哲学的だが、子規のは実際的でとても参考になる。絵を書くなど新しい趣味を始める。そして旺盛な創作欲があった。子規は苦痛の中でも周囲へのおもいやりは忘れない。もちろん、看護をしていた母親や妹を怒鳴りつけることが多かったのだが、彼女らが気晴らしに出かけることをこころから喜んでいる。どこかに心の余裕が残されているのだ。句作が良い影響を与えているのかも知れない。

漱石


子規

2022年1月18日火曜日

高遠弘美先生の昨日の素晴らしいZoom講義のメモを整理したら知恵熱が出た

 昨日(2022年1月17日18時半〜20時)のZoom講義の復習をした。

「読書は誰のためにするのか」

講師:明治大学商学部 教授 高遠 弘美
司会・対話者:地域価値創造研究教育機構 准教授 清水 まさ志
主催:鳥取大学地域価値創造研究教育機構
共催:鳥取大学振興協力会
連携:明治大学商学部

https://www.core.tottori-u.ac.jp/activity/act-03/%E3%82%AB%E3%80%90%E3%82%BF%E3%80%91%E3%83%81%E5%85%B1%E5%89%B5%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0/

私がとったメモ。

『鶉衣』 「摺鉢伝」 の「なにげない」文章の素晴らしさ。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/875926/40?tocOpened=1


吉田健一 『饗宴』
https://www.amazon.co.jp/吉田健一-饗宴-日本幻想文学集成-吉田-健一/dp/4336032262

https://www.amazon.co.jp/饗宴-吉田健一/dp/4845410044

『木村蒹葭堂のサロン』、これは所持している。

『蒹葭堂雑録』はまた読んでみたい。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2562884?tocOpened=1

種村季弘『箱抜けからくり奇譚』図書館で予約した。

ミシュレの『海』、機会があれば。
https://www.amazon.co.jp/海-ミシュレ/dp/4894340011

『薄田泣菫全集』
http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/blog-entry-589.html

『堀辰雄全集』筑摩書房
やはりまた、図書館で借りよう。学生の時、仙台丸善で何度もめくってみていた。

市河晴子の著書。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1208865
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1687660

これは、5月になったらオンラインで読めると期待している。

福永武彦『異邦の薫り』
中古を注文。Amazon

〈先生によるまとめ〉

  • 読書は壺中天、それぞれが自由に楽しむべし
  • 再読可能な本を読むべき(ハウツー本でなく)
  • 今回の本は先生の読書遍歴のごく一部
  • 読書すべきは、文章が力強くて、再読を誘う本
  • モデル探しは無用(コンブレーはコンブレー)
  • 言葉で表された世界を心をこめて見つめたい
  • 想像力を増すのが読書の楽しみで、一度だけの人生を複層的にする

〈他〉

3月には明大大学院で最終のご講義(個人史、本との出会いがテーマ)、一般もリモート参加可能の予定

〈今後のご予定〉

  • プルースト翻訳継続
  • 『野生の教養』(明大アカデミーの講義録?岩野さん中心に編集される)に寄稿
  • 内田百閒『初稿 冥途』の解説、もうじき出る
  • 作(2021)年のプルースト講義(3回シリーズ)をまとめた本の書き下ろし

〈ご希望〉

  • 市川晴子の随筆集を作りたい
  • ご自分のエッセイ集作りたい

***

私が勝手につけた付録


***

ここまで書いたら、熱っぽい。寝床に入ることにした。体温38.5度C。これも孫からうつされたRS(?)ウイルスかも知れない。孫は昨日またPCR検査をして陰性だった。

知恵熱かもしれない。😁

2022年1月17日月曜日

思い切ってPASSAGE書店の貸棚を申し込んだ

思い切ってPASSAGE書店の貸棚を申し込んだ。

手順は、友の会会員としてあるアドレスに届いたメール内容に従った。簡単だった。(申し込むか否かを悩むほうが自分としては大変だった。大蔵大臣に話したらダメとは言われなかったのでホッとした。)

棚の位置は店舗の一番奥、突き当り面の一番右下、「店舗」(書棚)の家賃はかなり安いが、位置的には悪くない。上段には高遠弘美先生の「店舗」、近所には鹿島茂さんや豊崎社長の「店舗」がある。書棚の名前は「マルセル・プルースト通り」だ。

https://passage.allreviews.jp/


***

メルマガ巻頭言の原稿を手直しした。仲間からコメントを頂いた件を、修正した。自分の思い込みだけで書いた文章は相手に伝わらない。読者の立場に立って書くべきとまた教えられた。このようなやり取りが有益でしかもこよなく楽しいので、執筆が続けられるのだろう。

***

18時半から高遠弘美先生のZoomでのご講演を拝聴。

読書を「楽しむ」というお言葉に大きな共感を覚えた。

ご紹介のあったなかでは、筑摩の『堀辰雄全集』がまた欲しくなった。所持していた端本は当面見当たらず。市川晴子の著作も入手したくなった。
なにより、高遠弘美先生の『著作集』を熱望したい。

http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/blog-entry-907.html

2022年1月16日日曜日

たまには本の読めない日もある

昨日土曜日の朝日新聞読書欄、記事や広告で注目したいものがいくつか。

広告より……牧野富太郎の評伝『ボタニカ』を朝井まかてさんが書いた。

「売れてる本」という記事……筧裕介著の『認知症世界の歩き方』について。種々の認知症で「現れる可能性のある症状を網羅」しているらしい。


「ビジネス」欄では……北海道砂川市のいわた書店さんの「一万円選書」が紹介されている。大人気で三千人が順番まちなのだそうだ。

これをPASSAGE書店で真似してみたい。

***

2022年1月15日土曜日

新型コロナウイルスの影響が及んできた

土曜日なので、母親が勤務中の孫を父親(私の息子)がつれて来た。ここまでは通常だが、その後、大事件が連発した。

新居で風邪を引いているらしい孫が、到着直後に盛大に吐く。もちろん、用意していた食事はできない。少しだけ水を飲ませて、寝かせておいた。1時間半ほど熟睡して、少し元気になり、お粥や良く煮た野菜などを少量食べる。その後、大量の軟便。水様便ではないのであまり問題はなさそうだ。その後水分を十分にとらせる。夕方には大分元気になった。

夕方、母親から息子に電話があり、これまたびっくり。孫が通っている保育園の先生がコロナ感染して、孫は濃厚接触者の扱いになったという。保健所が忙しすぎて、PCR検査の予定は、まだはっきりしないのだそうだ。先月にも似たようなことがあった。おかげで、母親の実家に一家3人で帰る予定がふきとんだばかり。とりあえずは、検査を待つしかない。

もともと、明日(日曜日)は引っ越し直後の片付けがあるので、孫の面倒を見に新居に行く予定だった。これは行くしかない。月曜日以降どうするかは、明日以降決めることになった。

月曜夜の高遠先生の講義は、何があっても聞く。

***

来週のARメルマガ巻頭言は昨日8割がた書いたので、合間を見つけて修正し、月曜日の朝にはチェックに回せるだろう。その他のシゴトは中断せざるを得ない。「文舵会」の合評会が昨日済んでいてよかった。

PASSAGE書店の書棚を借りる件の手続きをしないといけないが、考えている暇がない。思い切って申し込んでしまうか?

***


『私の脳で起こったこと 「レビー小体型認知症」の記録』の改訂版(ちくま文庫)が届いた。たしかに注釈が読みやすくなっている。が、巻頭言の修正をしているヒマはなさそうだ。すると、落ち着いてから読むことになるのか。とりあえずは明日の「通勤」電車で少し拾い読みしてから決めよう。